SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

KOKORO

Macとスローライフを愛する親爺の 
              diary of hart
<< 2008初山行(丹沢山) | main | 北八ヶ岳 一日目(高見石小屋) >>
冬の雲取山(奥多摩小屋)
08.02.16 SATおてんき

石尾根にて


雪山テント泊のトレーニングとして奥多摩小屋で一泊してきました。

だけど、しんどかったなぁ〜!!
こんなんだったら表銀座の春山縦走はとうてい無理でしょ。
何がいけないんだろう・・・・?
とにかく冬山用のブーツ+12本爪アイゼンの重量が相当足にきた事は確かだったなぁ。
それに雲取辺りだったら12本はオーバースペックのようだ。他の登山者はみんな軽アイゼンだもん。
まあ今回はブーツとアイゼンのお試しと言う事で、それはそれで仕方のない事なのだがね・・・・。
それにしても、
雪山の状況によってはアイゼン不可の判断も必要になってくるような気がする。危険を回避するはずの装備で、反対に体力を消耗してしまっては何の為の装備なのか分らないものね。


1 1


初めての雪中泊は、いろんな意味で結構楽しかったな!
ペグダウンしている時に手袋を外してたら手が凍傷寸前になってたり、夜中に顔に雪が降ってきたり(テントの水分が内張に凍り付き顔に落ちてきた)、シュラフとシュラフカバーの間が氷でバリバリになってしまったりと新鮮な体験でした。


| | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://ukiwaku.forest-pal.com/trackback/765183