SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

KOKORO

Macとスローライフを愛する親爺の 
              diary of hart
<< 憧れの赤岳(二日目) | main | iMacG4からG5へ >>
最悪天狗岳!のち瑞牆山
2006.10.14 sat.瑞牆山 曇り時々晴れ

錦秋の山行にと天狗岳目指してクルマで行って来ました。
といっても途中から瑞牆山に変更になってしまったのですが。

それにしても今回は最悪!中央道途中で間違って河口湖方面へ向かってしまい、都留IC.で折り返したり、更には予定していた天狗岳への入山口である本沢林道が閉鎖されていたりと、散々でした。
八ヶ岳カントリークラブを迂回するようにと道標があったので、林道をさまよいましたが時間ばかりが無駄に経過します。入山予定時刻6:00 am.を大幅に遅れた時点でタイムアップ。天狗岳への想いが切れてしまいました。
睡眠不足と相まってイヤ〜な気分です。


瑞牆山頂上手前の大ヤスリ岩直下

気持ちを切り替えて、本沢林道から近場な瑞牆山に予定変更。

8:00 am.瑞牆山荘着。
瑞牆山荘正面より樹林帯を100メートルほど進むと完全舗装されたきれいな駐車場がある。案の定この時間では駐車場はほとんどクルマで埋め尽くされていた。しかも、ここは瑞牆山の他にも金峰山への登山口を兼ねて居る。駐車できる事自体ラッキーなのかもしれない。空きを見つけて直ぐさまクルマを入れる。隣のクルマには寝袋が散乱していた。おそらくは昨晩のうちに到着し、クルマの中で夜を明かしたあと早朝に発ったのだろう。
あたりの紅葉はやっと色付き始めた感じだろうか。樹林帯の所々に真っ赤に染まった木々が見られるが、それはそれで青葉と黄色と赤のコントラストが実に綺麗なのだ。


瑞牆山荘正面奥の駐車場

8:24 am.身支度を整え出発。
駐車場を出てすぐに左の林道からもアクセス可能なのだが、ここは正攻法に瑞牆山荘前からの登山道を進むことにした。


瑞牆山荘正面の登山口

舗装された道は奥の駐車場へ続く道。
三人の登山者後方にある道案内看板の左奥が登山口です。


オレンジ・イエロー・グリーンの迷宮

登山口の奥は白樺やブナの広がる森。とても広くて気持ちがイイ!
勾配がついてくると道は狭くなり一旦駐車場からの林道に出る。里宮神社の道標に従い、さらに白樺の広がる美しい林の中を登って行く。


落ち葉が大好き!

可愛い落ち葉のお出迎え。足下もついつい気になります。

9:00 am.富士見平小屋到着。
意外や意外!、35分ほどで案外あっさりと到着してしまいました。予定だと50分はかかる筈だったのに。
金峰山への登山道が延びているので、小屋の前は多くの登山者が休憩中です。そう言えば朝食を摂っていない事に気がつきました。天狗岳から金峰山への慌ただしい変更ですっかり忘れていたようです。イケナイ イケナイ。
握り飯をお茶で流し込みます。


富士見平小屋

9:15am.瑞牆山荘出発。
ここから先は樹木に囲まれた平坦な道を歩くが、しだいに急勾配の下りになる。そして下りきった所に流れているのが天鳥川。ここでも多くの登山者が休憩中ですが、ここはそのまま直進です。

急勾配の登山道

天鳥川を渡った所から本格的な瑞牆山登山開始だ。
まずは川のすぐ先には大岩がそびえている。他の登山者の話声では、この大岩は桃尻岩とか言うらしい。本当なの!?
なるほど、お尻の割れ目の様に真ん中にパックリと裂け目が走っている。でも何か嘘くさいなぁ。岩の下には沢山のつっかえ棒もあるし・・・。シャレだな!

桃尻岩かな!?

桃尻岩右側の据え付けられた階段を登り、その後は岩場とガレ場の連続した急登です。次第に梯子やロープを使用しなければならない場所も出てますが、さほどの難所ではないので、ゆっくり落ち着いて登れば大丈夫。

大ヤスリ岩

急登の岩場をひと登りすると、目の前に尖った大きな岩が見えて来た。この上が頂上かと思いきや、じつは頂上手前の大ヤスリ岩と判明。
ここから北側に平坦な道を回り込むように進むと、最後のロープと梯子場。登りきれば、トンネルの様に生い茂る木々の向こうに大きな岩場が見えます。

10:34am.瑞牆山山頂(標高2230m)到着。
しかしながら山頂からの展望はゼロ。風こそありませんが、あたりはガスに覆われなぁ〜んにも見えません。雑誌で見るような360度のパノラマを期待してたのに。ガッカリです。


瑞牆山山頂

山頂は大きな岩の上といった感じですが、それほど広い場所ではなく平坦な所も殆ど無し。
錦秋の登山はどの山も今頃がピーク。次から次と登山者が到着です。そうこうしていると頂上はアッという間に満員。私も断崖絶壁の手前にザックをおろし、チョット早い昼食。周りのみなさんはバーナーでの食事作りの様子で、それが尚更に場所を取ります。あふれた登山者は立往生で空き待ち状態。


山頂は大賑わい

手早く食事と写真撮影を済ませ、場所を譲るべくその場を去ります。
11:00am.下山開始。
今回の下りはストック無しで、しかもサーキットトレイルの様な感じで下ってみました。ちょうど私の前に二人組の若者が、岩場をカモシカのような足さばきで下りています。彼らの後を追従です。途中で膝の踏ん張りに限界を感じましたが、何とか持ちこたえ。
11:50am.富士見平小屋到着。小休止。
途中で若者二人組を追い抜き
12:40am.瑞牆山荘前駐車場に到着。

天狗岳から瑞牆山へのあわただしい変更登山でしたが、登ってみれば意外で、短時間で2000m級を堪能できる日本百名山でした。しかも紅葉もマズマズだったし・・・・富士見平小屋でテント泊すれば金峰山もゲットできちゃうな!
下りのサーキットトレイルは無意識に両腕を酷使していたようです。登山は足がポイントだと思っていましたが、両手の使い方次第ではかなりスムーズに下りられる感じ。下半身同様に上半身も重要なポイントかな!?。

お後は増富の湯で〜す。
| | 12:15 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
瑞牆山はすっかり色着いていますね。
紅葉本番といったところでしょうか。
| おだけ | 2006/10/20 10:33 AM |

>おだけさん
一人で歩いてみて思いました。
大人数の山は皆でワイワイやれて不安も感じなくて、リーダーに付いて行けば考え無しに無事下山出来る。でも、何か違うし、物足りない。勿論そんな山行を望んでいる人を否定するつもりは無いし、それはそれでいいと思う。でも、山を本当に感じたければ一度は単独の山行をして欲しい。必ず自分が見えてくるし、同時に山行での心構えも自然に理解できてくる筈。
そんな気がしました。

ただ、時々相棒が欲しくなります。嬉しいにつけ悲しいにつけ想いの丈を話したい時があります。そんな時は、やっぱり一人じゃダメなんだな・・・なんて思っちゃいます。
多くても三人。四人になると多すぎかな?

おだけさん。
感動を共有したいですね!
| よしぞ〜 | 2006/10/20 11:28 PM |

お久しぶり〜です。いつもたのしく拝見してます。写真を見るとやはりわたしが歩いている山とは違う、山深さや険しさがあります。

一人で歩く・・と、瞑想までいかないにしてもいろんなことを考えるし、誰にも邪魔されずに無心・無常になれるし、昔から修行で山に登る意義があるほどですから、大勢で登るのと違って<脱日常>できるような気がします。

よしぞ〜さんがうらやましくもなって、高尾山あたりを一人で歩いてみようかなぁ・・という気になるんですが、(基本的に寂しいから高尾山くらいがちょうどよいです)今の体力とか状況では、結構大勢も楽しくて、なかなかひとりにはなれません。

この山日記を読むと、わたしも登っているような気になれるので、また書いてくださいね。楽しみにしてます。
<悟り>が開けたらまた戻ってきてくださいね。待ってますよぉ。
| くま | 2006/10/22 8:02 AM |

>くまちゃん
悟りなんて・・・オレは修行僧か!(笑)

確かに一人の山行は寂しいですね。登り始めればそんな気持ちを感じる余裕は無いのですが、予定を立て準備をして電車やクルマでの移動している間が、一番寂しいし不安です。

今年最後の山行には、お邪魔しようかと考えています。
| よしぞ〜 | 2006/10/22 6:31 PM |

よしぞ〜さん、お待ちしてます。
私も話し相手が欲しいです(笑)
| おだけ | 2006/10/23 6:57 PM |

>おだけさん
いつも気にして頂き、有り難うございます。

最近は雨のち曇り時々晴れの毎日です。
快晴を待ち望んでじっと我慢するしかないのですね。

洗濯物が乾いたら必ず行きます。
| よしぞ〜 | 2006/10/23 9:50 PM |










http://ukiwaku.forest-pal.com/trackback/560183