SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

KOKORO

Macとスローライフを愛する親爺の 
              diary of hart
<< アトモス50 後日談 | main | 大菩薩嶺 >>
両神山とドラゴンフライ
両神山では清滝小屋で一泊した訳ですが、以前より単なるコレクションの一つとして所有していたドラゴンフライでコーヒーでも煎れようかという事になり・・・・。
ついに今回の山行での目的その1ソロ用ストーブ=ドラゴンフライの登場です。

このドラゴンフライは燃料がガソリン系とあって燃料ボトルのポンピングが必要となる訳ですが、ストーブをザックから取出し、いざポンピングを始めてみると全くテンションが加かりません。

(ええ〜っ 嘘でしょ〜! 昨日の点検時には何の問題も無かったのにぃ・・・)

焦る気持ちを抑えながらも幾度となくポンピングを試みてみましたが、結局は燃料ポンプが壊れてしまったようです。これで自炊は全く出来なくなりました。幸い宿泊は朝夕食込みで申し込んでおいたので食事の心配には困りませんが、それにしても残念! ドラゴンフライの実験君は不発に終わり 本当に悔しい限りでした。

このままでは納得できません。帰宅後すぐに検証してみました。

ポンプにプランジャーシャフトが入った状態

燃料ボトルからポンプを取出しプランジャーを引き抜きます。

<プランジャー取出し方>
プランジャーシャフトに1から3の矢印と開く場所を示した「OPEN HERE」が明記されています。
1)矢印1がプランジャーブッシングと揃う様に、プランジャーを半分まで押し込みます。
2)プランジャーを、カチッと鳴るまで反時計回り(矢印2)に回します。
3)プランジャー(矢印3)を引き抜きます。

すると案の定プランジャーシャフトから黒色のポンプカップが抜け落ちているではないですか。

プランジャーシャフトからポンプカップが抜けている

ポンプカップをプランジャーシャフトの先端に押し込み、ポンプカップに無機オイルを塗ります。

後は元通りに 1)から 3)の手順を逆に行えば完了。

これで北八ヶ岳での自炊は大丈夫だな!


| 道具 | 22:55 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
とんだハプニングだったけど、無事メシにありつけて良かったですね〜
それにしても よいショットです。カタログに載せて欲しいくらい。
| chumi | 2006/07/18 9:17 PM |

ストーブのショットは炎の色を出す為にストロボ無しで撮ってみましたが、ストロボを使用しないとブレが著しくなるようです。三脚を使ってマクロで撮るともっと良い感じになるんでしょうけどね。
でも、ボケボケが意外に味を出してるのかも・・・。と前向きに考えます。

| よしぞ〜 | 2006/07/18 10:07 PM |

ええ、ストロボ使うと げんなりした写りになること多いですよね〜 
すこしぼやけた炎がとても暖かそうで すごくいい感じですよ〜
シャープな炎ならちょっと怖いかも〜(けものかよ/笑)
| chumi | 2006/07/19 8:50 PM |

メシの話に戻るけど、夕食はカレーの大盛りでした。それに、持ってきたフルーツ缶詰とマグロの缶詰をトッピングして食べたんだけど結構イケましたよ。
なんか、ゲテモノみたいかな? 単に腹減ってたから美味かったのかな!?(笑)
| よしぞ〜 | 2006/07/19 10:00 PM |










http://ukiwaku.forest-pal.com/trackback/510950