SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

KOKORO

Macとスローライフを愛する親爺の 
              diary of hart
<< 花見ハシゴ | main | 日帰り用ザック >>
大山登山
単独で行っちゃいました。初めての登山です。
昨日コージツでザックと登山用シューズを購入し、居ても立ってもいられなくなり、そのまま本日、大山へ直行です。

大山頂上裏手から富士山を望む

自宅をAM.6:00にクルマで出発。
近くのスタンドで給油を済ませ、コンビニで朝食と昼食、それに飲料水を買込む。(ポットに熱いお茶を入れたのだが、ザックに入れるのを忘れてしまった。大失敗である悲しい
大山第二駐車場AM.7:10着。
既に何台かのクルマが入っており、私のクルマが入った後も続々と登山者のクルマが入ってきた。駐車料金は一日600円。コンビニで買ったおにぎりとお茶で腹ごしらえを済ませ、おニューの登山靴の紐をきつく締めいざシュッパ〜ツ!!。
大山第二駐車場AM.7:38出発。
のっけから、いきなりの失敗です。
下社までケーブルカーを利用するつもりが、追分駅の乗り場を通り越して行く先行の登山者達につられて、女坂を登る羽目になってしまいました。しかも不動明王社では道を間違えてしまったのです。
大山不動明王AM.8:27着。

大山不動明王社



途中の登山道には、こんな可愛いお地蔵さんが・・・・。
思わず歩み寄ってしまいます。

可愛い双子地蔵




阿夫利神社下社の左側の道から富士見台方面を目指します。

阿夫利神社下社




天狗の鼻突き岩を過ぎると富士見台だ。
そして、思わぬ絶景が・・・・。富士山が浮かんでいる!
ここは江戸時代に茶店があった場所だと言われているが、本当なのだろうか!?

富士見台より



さらに登って行くと25丁目と刻まれた石柱が建っている。ここを左に曲がればヤビツ峠だ。ヤビツ峠にも駐車場があるはずで、そこにクルマを停めてヤビツ峠からのアクセスも可能だ。今回はこの分岐点を真直ぐに登って行く。
そして、大山頂上本社、標高1247米AM.9:55着。写真では見えませんが、実際には江ノ島を確認する事が出来ます。ズバリ相模平野が一望できました。昼食時間にはちょっと早過ぎますが、休憩を兼ねてここでランチタイムとしました。一つ気付いた事ですが、頂上に到着して涼をとろうとフリースを脱いだ時、いつの間にか体が冷えている事に気がつきました。山の上昇気流であっという間に汗が冷えちゃうんですね。これからは気を付けましょう。

大山山頂




早めのランチと頂上散策を終え見晴台へ向かって下山。AM.10:35
すれ違うには、ちょっと狭い道を延々と下って行く。予感はしていたのだが、やっぱり膝にきた。
見晴台にAM.11:20

見晴台は細長い広場のような感じで、休憩舎やたくさんのテーブルやベンチが設置されており、ランチを楽しむ登山者があちこちに見られる。私も二度目のランチにすることにした。(コンビニのおにぎりが残っていたのでザックを軽くする為にもモグモグ
見晴台をAM.11:52に出発して大山下社駅に到着したのがAM12:15。その間に急に左膝が痛み出した。我慢が出来るほどの痛みだったが階段を下ると激痛が走る。見晴台で膝が冷えたのだろうか?
AM.12:20発のケーブルカーに乗り追分駅にAM.12:26着。

ケーブルカーを降りてから大山第二駐車場までは、土産物売場のお店がズラリと並んでいますが、その通りがまた階段で・・・・。
膝の痛みを堪えながら、やっとの事で駐車場に到着しました。
膝に関しては何が良くなかったのか分かりませんが、反省です。
でも、益々山に登りたくなった事は事実です。




| | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://ukiwaku.forest-pal.com/trackback/454953