SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

KOKORO

Macとスローライフを愛する親爺の 
              diary of hart
トーレス65
07.09.18 TUE おてんきのちくもり

ずーっと前から欲しかった縦走用ザック。
手に入れました。  macpac のトーレス65です。

トーレス65

でも、実物はデカイ! 
80Lはありそうだ。重量も2700gと、そこそこある。

さてと・・・こいつを担いで何処行こう!?
三連休は北アでも行こうか・・・・。
| 道具 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
両神山とミニケトル
かなり遅ればせながらですが、両神山とドラゴンフライに続いての失敗談です。


ドラゴンフライはポンプの故障で使い物にならなかったわけですが・・・・。結果、コーヒーは隊長が持って来たガスストーブで煎れてもらう事になりました。
さて、その際に使用したもう一つのお湯を沸かす道具目的その2についての後日談ミニケトルを忘れてはなりません。

続きを読む >>
| 道具 | 22:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
両神山とドラゴンフライ
両神山では清滝小屋で一泊した訳ですが、以前より単なるコレクションの一つとして所有していたドラゴンフライでコーヒーでも煎れようかという事になり・・・・。
ついに今回の山行での目的その1ソロ用ストーブ=ドラゴンフライの登場です。

このドラゴンフライは燃料がガソリン系とあって燃料ボトルのポンピングが必要となる訳ですが、ストーブをザックから取出し、いざポンピングを始めてみると全くテンションが加かりません。

(ええ〜っ 嘘でしょ〜! 昨日の点検時には何の問題も無かったのにぃ・・・)

焦る気持ちを抑えながらも幾度となくポンピングを試みてみましたが、結局は燃料ポンプが壊れてしまったようです。これで自炊は全く出来なくなりました。幸い宿泊は朝夕食込みで申し込んでおいたので食事の心配には困りませんが、それにしても残念! ドラゴンフライの実験君は不発に終わり 本当に悔しい限りでした。

続きを読む >>
| 道具 | 22:55 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
アトモス50 後日談
両神山で、すっかり少年になってしまった私が最初に取り憑かれたのは物欲心です。まずはザック。これについては一泊用ザック アトモス50で紹介していますが、即買いでした。

とにかく沢山入ります。個人的な思いですが、これならばテント泊も可能でしょう。そして背面のエアスピードサスペンションは背中にピタリと張り付くようで違和感を感じさせません。ただ、荷物の量が少ないとシルエットが貧弱になってしまい、こいつの格好良さが出ない気がします。(まあ、どんな容量のザックでも一杯になった状態のザックが一番カッコいいんですが・・・)それとショルダーストラップは、もっと幅広でパッドが厚めが良いかも・・・。鎖骨部分に少々痛みとスレ痕が残りました。この事は究極の軽量化を前提に設計されたエアスピードシリーズが売りである以上、仕方ないと言えば仕方ない事なのでしょう。
それともう一つ。登山用品専門ショップのコージツやカモシカスポーツでLサイズを探したのですが、いずれもLサイズは置いて無く取寄せとの事。唯一、置いてあるのはネットショップでした。実際に背負ってみた感じを確かめたかったのですが・・・・。仕方なく近所のコージツでMサイズを購入しました。いずれにしても、もう少し使いこなしてみなければ詳細は語れないですね。
| 道具 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
一泊用ザック アトモス50
両神山へはOSPREYのアトモス50を背負って行くつもりです。勿論、まだ手元には無いのですがね。週末迄にはきっとゲットしているでしょう。近所のコージツで下見をして来ましたが、MサイズのみでLサイズは無し。私の胴長サイズに合ったLサイズをカモシカスポーツで探してみます。

色はジェットストリームグレーとシンダーコーンレッド
どっちにしようかなぁしょんぼり!?

詳細はこちらに紹介されています
OSPREY(オスプレー) アトモス50 楽山荘
| 道具 | 22:45 | comments(31) | trackbacks(0) | - | - |
Black Diamond スポット
7月の1日と2日に山小屋泊で日本百名山の一つ両神山へ登ることになった。初めての山小屋泊である。それなりに装備のほうも充実させなくては・・・。
まずはヘッドライトだ。重量や照度そして照射距離など、そのスペックは様々であるが、山初心者の私にとっては軽くて扱い易ことが一番!
これに決めてしまった。
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) スポットだ!

1ワットの高輝度ハイパーブライトLEDはフィールドを40メートル先まで照射し、食事や手元の作業には最長15メートルまで照射可能なスーパーブライトLEDが電池消耗を抑え、明るさを持続させる。照度はそれぞれ3段階まで調節できストロボ点滅モードも備えている。重量は本体が50グラム、電池込みで85グラムと軽量だ。
他にもヘリオンベクトラ IQも捨て難いところだが、後頭部の電池ボックスが邪魔になるし、そこから出ているコードの処置も気になる。
| 道具 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
LEKI マカルーウルトラライト・エアエルゴ
膝への負担を軽減する為にサポータを使用してみたが、逆に膝裏の筋を痛めてしまった。トレッキングポールも長時間の登摩や歩行時、膝や脚部の負担を減少させるのに有効とされるらしい。そういった補助具にお世話になるなどとは思ってもいなかったのだが、膝の痛みにはどうしても勝てない。次の山行では、こいつのスペックを検証してみよう。

LEKI【レキ】マカルーウルトラライト・エアエルゴ(2本セット)

グリップの先端に白と黒のマーカーが付いている。この色で左右を区別するらしいのだが、果たしてどちらが左でどちらが右なのか・・・・?
| 道具 | 01:00 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
LOWA(ローバー)メリーナゴアテックスWXL
登山をするには運動靴やスニーカーでは疲れやすく、また、滑りやすくて危険。と言う事で、またもやコージツでbuy nowです。ついでに厚手の靴下も二足購入しました。私の場合、右足が左よりもちょっと大きいので右足のサイズに合わせて選びます。実際のサイズは26.5cmですが27cmと27.5cmで迷いました。
コージツの店員さん曰く
「迷ったらワンサイズ上に決めた方が良い」と言っていました。その言葉で即、LOWA(ローバー)メリーナ ゴアテックスWLX27.5cmに決定!

慣らしに大山に行ってきましたが、普段に履き慣れている靴同様に、靴擦れ等なんの問題もなく履く事ができました。ただ、たった一回の大山登山で靴の先端部がスリキズだらけです。
私の歩き方が悪かったのでしょうか!?
後でメンテしなくっちゃ!


以下は登山靴選びについてNEXUSさんの登山入門講座/基本編より抜粋させていただきました
靴を選ぶときは、ハイカット(足のくるぶしが隠れる高さまである)のもの、靴底の固いものを選びましょう。
あわせて厚手の靴下も購入しましょう。(普通の靴下の場合は2枚を重ね履きします)
靴のサイズを選ぶときは、ます厚手の靴下を履いて登山靴を履きます。
次に足を前に詰めてかかとの後ろに小指1本が入る大きさのものを選びます。
今度はかかとを軽く床に打ちつけ、紐(ひも)を結んだ状態で足の指が上下に動くかどうか確認します。動けばOKです。
その後、店内を歩いてみて、痛い箇所が無いか確認します。
(最初はある程度の違和感はあると思います)
できれば、「予備の靴ひも」や「防水スプレー」も一緒に購入しておくとよいでしょう。
| 道具 | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日帰り用ザック
山道具としてミレー ギルギット25 M08826を購入した。個人的なお気に入りとしてはオスプレーなのだが、2006年モデルのOSPREYアトモス25OSPREYアトモス35はオスプレーのブランドロゴである「みさご」が刺繍からプリントに変わっている。しかも絵柄が大きすぎるのだ。デザイン的にはイマイチかな!ザックの機能としては最高なんだけどね。

で2005年モデルながら、色もデザインも機能も飽きのこないギルギット25にした訳だ。
| 道具 | 00:26 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
MSR Dragon Fly
ソロアクティビティー用のストーブ=MSRのDragon FlyをYahoo!オークションで手に入れる事ができた。650mlのfuel bottle付きで¥15,500は、
果たして安かったのか高かったのか・・・・。


XGK EX
シマーライトも気になったストーブなのだが、とろ火調節が可能なのと鍋ができる程の大型ゴトクが決め手でドラゴンフライに決定!
続きを読む >>
| 道具 | 23:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |