SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

KOKORO

Macとスローライフを愛する親爺の 
              diary of hart
北八ヶ岳 二日目(天狗岳)
08.03.23 SUNおてんき時々くもり

東天狗より西天狗岳を望む 




続きを読む >>
| | 21:18 | comments(115) | trackbacks(0) | - | - |
北八ヶ岳 一日目(高見石小屋)
08.03.22 SAT おてんき

高見石から凍結した白駒池を望む


昨年の暮れにツアーで行った冬山が忘れられず、単独で行ってきました。
コースは渋の湯から入り高見石小屋で一泊しスノーシューで白駒池散策。次の日は天狗岳に登り黒百合ヒュッテ経由で渋の湯への道程です。
期待していた雪は上の写真の様に大分解けかかっていて、ちょっと期待はずれでしたが天気は上々、心配していた賽の河原辺りのトレースもバッチリついていて難なく高見石小屋に到着してしまいました。小屋には一番乗りのようでしたが、それもその筈。時刻は午後の1時を回ったばかりです。
小屋の主人曰く。
「今日はもしかしたら二人で布団一枚で寝てもらうようになるかもね・・・・。」
なんて軽くジャブをかまされちゃったよ! 
なんかヤな予感です ・・・・。
続きを読む >>
| | 11:53 | comments(45) | trackbacks(0) | - | - |
冬の雲取山(奥多摩小屋)
08.02.16 SATおてんき

石尾根にて


雪山テント泊のトレーニングとして奥多摩小屋で一泊してきました。

だけど、しんどかったなぁ〜!!
こんなんだったら表銀座の春山縦走はとうてい無理でしょ。
何がいけないんだろう・・・・?
とにかく冬山用のブーツ+12本爪アイゼンの重量が相当足にきた事は確かだったなぁ。
それに雲取辺りだったら12本はオーバースペックのようだ。他の登山者はみんな軽アイゼンだもん。
まあ今回はブーツとアイゼンのお試しと言う事で、それはそれで仕方のない事なのだがね・・・・。
それにしても、
雪山の状況によってはアイゼン不可の判断も必要になってくるような気がする。危険を回避するはずの装備で、反対に体力を消耗してしまっては何の為の装備なのか分らないものね。
続きを読む >>
| | 18:09 | comments(16) | trackbacks(0) | - | - |
2008初山行(丹沢山)
08.01.13 SUN おてんき時々くもり

大倉尾根より相模湾と江ノ島


去年の黒百合平以来、雪山が恋しくて恋しくて・・・(笑)

続きを読む >>
| | 23:10 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
北八ヶ岳/黒百合平〜 中山〜高見石周遊(二日目)
07.12.22 SAT くもり時々ゆき

黒百合ヒュッテ

二日目は中山峠〜中山〜高見石を経由して渋ノ湯へ下山です。
しかし天候はすぐれません。中山の頂上では吹雪に見舞われホワイトアウト状態でした。
高見石へのトレースは消えリーダーも少々迷った様子。しかし流石です。すぐにルートを確認しラッセルしながらの強行軍開始。
樹氷の中に入れば風は全く気にならず、一人づつ交代しながら先頭を進みます。途中の分岐も判断を任せられ、ちょっと緊張しながらの下山でした。

トレースが無くても地図や赤テープを落ち着いて確認すれば何とかなりそうな気はしましたが、吹雪いた状態の中ではそんな余裕はありません。特に視界が利かないと恐怖感が増します。ましてや単独だったら即、引き返したでしょう。やっぱり何度も経験をつまないとダメなんでしょうね! 雪山の単独は・・・。

でも、そのうち あの白銀の峰を独り占めしてやるぞ・・・・。

続きを読む >>
| | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
北八ヶ岳/黒百合平〜 中山〜高見石周遊(一日目)
07.12.21 FRI おてんき


雪山初体験です。
かねてからの念願だった白銀の峰を満喫してきました。場所は北八ツの中山峠辺り。それでも標高は2000m以上なので気温はもちろんマイナスの世界です。

稜線からの未知の光景には絶句!!。久しぶりの感動でした。
続きを読む >>
| | 14:08 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
槍ヶ岳(あぁ チングルマよ)
070922 SAT おてんきくもり

とうとう槍沢ロッジを過ぎババ平から天狗原分岐まで来てしまった。大勢の登山者はここで小休止の後、まっすぐに槍ヶ岳を目指して登って行くようだ。
天狗原(氷河公園)方面の道は大きな岩領地帯をトラバースするように進んで行く。踏み跡などは全く無く、頼りになるのは所々に記されたペンキマークだけ。
ここから先は私だけなのか。時刻は12:00ほぼ予定通り。南岳小屋へは遅くても15:00迄には着かなければならない。

それにしても、ザックが重すぎる。疲労もピークまじかだ。
行けるだろうか・・・・・。


天狗原分岐に群生するチングルマ


あぁ チングルマよ 私を導いてくれないか!!
続きを読む >>
| | 18:27 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
雲取山 ー石尾根への誘いー
07.08.05 SUN おてんき

「ピピッ ピピッ ピピッ ピピッ!」

プロトレックが4:00 am.のアラームを告げる。


清々しい石尾根の眺望

夢の中の自分とテントの中の自分が交差している。
それでも、無意識の自分が起き上がろうとする。

「ウウ〜 腰が苦しい・・・・。」

「天気は・・・・。」

「ズズズズズゥ〜〜〜。」

フライのジッパーを開け、ヌゥーっと顔を出してみる。
そこは未だ覚めやらぬ漆黒の闇。 

ただ完璧なのは頭上のStarlit skyだった。
続きを読む >>
| | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
雲取山 ーグルングルンと森の熊さんー
07.08.04 SAT おてんき

憧れの、テントを担いでの単独山行です。
行き先は奥多摩の雲取山。

朝日が眩しい雲取山頂

これで、カッコだけでも山男になれたような気が・・・・。
でも、夏の雲取って恐かったなぁ!
熊に二度も遭遇し、猿の集団にも威嚇されちまったぜ。
トドメは六ツ石山から奥多摩駅への広尾根で道迷いだ。ヘトヘトの状態で樹林帯を這いつくばったよ!
続きを読む >>
| | 20:56 | comments(291) | trackbacks(0) | - | - |
丹沢山で、なんば歩き
07.06.23 SAT おてんき時々くもり

梅雨時の貴重な晴れ間です。
明日は休日出勤ですが、疲れの残らぬように登ります。
夏山登山前の雲取山行(テント泊)のトレーニングを兼ねて、今の自分の足を確認したいのです。

塔ノ岳より西方の雲海を望む

コースは
大倉尾根ー塔ノ岳ー丹沢山ー蛭ヶ岳のピストン。
でも、蛭ヶ岳まで行けるかなぁ。行ける所まで行ってみようか・・・。
続きを読む >>
| | 23:42 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |